タイトル 技術情報  
     
 
高真空ダイカスト

協和アルテックでは最新の技術を積極的に取り入れて、高品質な製品をお客様にお届けしております。また、技術開発の際にはメーカーに協力してデータの提供をする等、ダイカスト技術の発展に寄与しております。



高真空ダイカスト法構造図


高真空ダイカスト法の特徴
  • キャビティとキャビティ外周空間→それぞれの専用タンクへ吸引
  • プランジャーチップ外周に真空タンクと接続する孔を作成→プランジャーチップ外周からも減圧
  • マイコン計測制御で管理→短時間で高減圧状態

 ::::: 高真空ダイカスト法は高品質ダイカスト製品を実現します。 :::::


高真空ダイカスト法の効果
  • 超高速ダイカストマシン: 短時間充填による内部品質の向上
  • 高気密金型: 真空度の向上
  • サーボバブル: 安定した再現性、バリ噛み検知
  • チップ吸引: 真空度の向上および先引き防止
  • 高断熱スリーブ: 湯温低下防止、真空引き時間の確保

高真空ダイカスト法の製品強度

● 鋳造条件
射出速度 3m/sec、ゲート流速 47m/sec、鋳造圧力 900kgf/cm2、真空度 40torr

● 実態強度
熱処理 JIST6、引っ張り強さ 255N/mm2(26kgf/mm2)、伸び(平均) 17%

● ガス量測定
2CC/100grAI