タイトル 沿革  
     
 
   

1960年 3月

静岡県田方郡函南町間宮618においてダイカスト及び、仕上げ工場として資本金150万円にて株式会社協和製作所を設立

7月

資本金300万円に増資

1966年 3月

資本金600万円に増資

1967年 6月

資本金1,200万円に増資

1968年 3月

業務拡大のため、田方郡函南町塚本13-11(現在地)に新工場の建設を行い、工場の全面移転を行うとともに鋳造機の大幅増設を行う

1974年 6月

新事務所完成

1983年 3月

アルミダイカストマシンの増設。ロボット自動供給装置増設を行い業務の拡大を図る

1988年 5月

2TON溶解炉の増設

1993年 9月

鋳造、機械加工工場の増設。鋳造機、機械加工機の増設を行い業務の拡大を図る

1994年 5月

800TON鋳造機の新設

9月

500TON鋳造機の入替(東芝500CLT)

1995年 3月

PT.KYOWA INDONESIAを設立

3月

650TON鋳造機の新設(東芝650CLT)

7月

350TON鋳造機の新設(東芝350CLT)

8月

350TON鋳造機の新設(東芝350CLT)

11月

500TON鋳造機の新設(東芝500CLT)

1997年 3月

中継炉及びキャリア設備の新設

4月

250TON鋳造機の新設(東芝250V3P)

9月

800TON鋳造機の新設(東芝800CLT)

1999年 9月

350TON鋳造機の新設(東芝350J-MT) 1号

2000年 1月

350TON鋳造機の新設(東芝350J-MT) 2号

4月

350TON鋳造機の新設(東芝350J-MT) 3号

2001年 9月

X線分析装置の導入

2003年 4月

350TON鋳造機の新設(東芝350J-MT) 4号

5月

ISO9001 認証取得

9月

ISO14001 認証取得

2005年 3月

函南町丹那に丹那工場を新設(NC、MC導入)

11月

800TON鋳造機の新設(東芝800JMH)

2006年 9月

丹那工場に2号館工場を増設(NC18台、MC16台他の設備)

2007年3月

350TON鋳造機の新設(東芝350JMH) 5号、6号、7号

12月

株式会社 協和アルテックに社名変更

2009年 5月

PT.KYOWA 第一工場増設

2010~2011年

本社/工場に加工部門集約。品質管理及び業務効率化推進

2012年 7月

インド、チェンナイにKYOWA CASTEC INDIA PRIVATE LIMITED設立
2014年稼働